Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C10] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-03-01
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://novioa.blog74.fc2.com/tb.php/3-9bc9c6b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

彼と話したこと

先日、彼が会合に誘って来たものだから、頭ん中ぐるぐるし始めた。
彼はどういう意図で誘ってるんだろう?
・とうとう折伏開始?
・結婚を考え始めた?
・誰かの差し金?(ちょっと言い方悪いですねf^_^;)
・何にしろ情報収集しなきゃ!
などなど。

独りで考え込んだって、ぐるぐるしちゃうだけで、良くない方向に考えてしまい、最悪な結果を生み出す事はよく分かってる。
経験過去にアリ。
そして、真剣な話は電話じゃなくて、相手の目を見て話したい。

で、先日会った時に聞いてみた。

私『どうして急に見てもらいたい、て思ったの?』

彼『リオが、勉強してるって、いろいろネットで調べてくれてるみたいだからさ、来れそうな会合の時に実際見てみたらいいんじゃないかと思っただけだよ』

良い意味で興味を持ってると思われてる?!もしかして…

私『あのぉ…行くのは良いけど入らないよ。』

言った!
期待させちゃいけないと思いましてf^_^;

彼『…』
彼『…それでもいいよ』
(←たぶん、こんな感じで間があったかと)

その後、彼と話したり、聞いたりしたこと。

◆私が入会しなければ、もう終わりになっちゃうのか

 これが一番怖くて、入るつもりが無くても『入らないよ!』て言い切れなかったこと。
彼もこれまで誘ってきたりしなかったから、あえて言うタイミングも無かったんだけど。

↓彼の考え↓

 今までは、(結婚話になった時に)解って貰えなければ、別れるしか無いと思ってたけども、考え方が変わってきたとか。
と言うのも…

・彼の学会関係の周りの人達は一世さんが多く、恋人や伴侶に強要する人が少ないらしく、その人達、上司にあたる人とか?に相談したら、『そう深く考えなくても』見たいな事を言われたそうです。
で??
今回一度見に来て貰ったら?となったらしいです(やっぱり誰かの差し金かぁ…)

・彼の母親もいろんな人を見て来て、入会しないことにも理解を示してくれるはず…らしいです。

これはあくまで私の推測ですが、チョココさんのblogのお話、お孫さんに会われた旦那さまのご両親の態度が百八十度変わったことを前に話したからじゃないかなぁ。と、思われます(笑)


◆ホントのところは私に入ってもらいたい

だけど、私には必要ないことを伝えました。
かなり内容を端折ってますが、彼もそうとも思っていてくれていて、そこはお互いを尊重することに。




彼が今回話したことを忘れない事を祈るばかりです。
『私は入らないよ』
ずっと怖くて言えなかったこの一言。
これは別れを覚悟した上でないと。
別れ話になることも想定の上で言わなきゃならない、かなり勇気の要る一言。
そして、今年の私の課題でした。

たぶんお互いに曖昧にしていた。

彼も周りの人達(もちろん学会関係者)に、その事を相談していたらしい。

付き合い始めに言われた『いつかは入ってと言うかも』はいつかにならないと彼は考えないのかなぁ…なんて思ってたけど、もしかしたら私よりもずっと考えてくれてたのかもしれない。
スポンサーサイト

1件のコメント

[C10] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-03-01
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://novioa.blog74.fc2.com/tb.php/3-9bc9c6b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

リオ

Author:リオ
このブログの管理人、リオ(非学会員・無宗教)と学会3世の彼とのこれからを、過去のことも少し交えながら。。。
私自身が忘れないためのメモ代わりだったり、思うことを冷静に判断するために書き出してみたり、それによって、また皆さんのご意見を頂けたり、交換できたら、いいな。
と思っています。
 
 

FC2カウンター

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。